松一松一

新事業への挑戦

高市様笑顔

高市 秀宜様 / 株式会社パートナーサービス

スーツの概要
「安心感」をキーワードにネイビーをチョイスさせていただきました。新事業へのワクワク感を感じていただくために、今まで装ってきたブラックスーツとの大きな違いを感じてもらえるようにSTILLBILLAのネイビーのチェック柄で仕立てさせていただきました。

受注経緯
周りの経営者仲間が、松一で仕立てたスーツをカッコよく装い、また、経営者仲間からも評判がよかったので、新しい事業をスタートさせるための戦闘服を仕立てようとスーツの仕立てをお願いしました。

松一Note
 捉え方を変えるだけで、葬式の場が、巡り合わせの場に。配膳をする仕事が、仕事をお願いできる安心の提供に、その場、出来事に、その事に意味を持たせることで、事業内容の意味が深くなり、深くなったことで出てくる言葉が、その方の姿を現していると感じることが出来ると取材となりました。

高市さん

サービスを通じて顧客に“安心”を届ける。メモリアル・ブライダルに関する委託業務を父親から継承し、現在は新事業の水耕栽培事業をスタートされています。

事業継承前_seed

高校時代は、料理人になる為の経験として、結婚式の配膳のアルバイトを行い、料理人になる為の進学と就職を考え、希望の料理人にはなったものの、労働時間が長く身体が辛い上に給料も安く、やはり自分でやっていく方がよいと思い、友人に勧められた保険の営業マン研修を受けている最中に祖母が亡くなったと、北海道地にて連絡を受けた。

祖母の葬儀に出る為に石川県にて、全く父の会社を継承する気はなかったが、お坊さんの説法で、亡くなった方が、この場を通して新しい出会いと、再会の出会いの巡り合わせをつくってくれたと説法を聞いたときに、大阪から祖母の葬儀のために、父の会社の取引先の会長・社長・専務がわざわざ足を運んでいただき、これも何かの巡り合わせと思い、父親の会社の取引先の会長から、「いつ大阪に帰ってくるのか?」と聞かれた時には、これも巡りあわせと父の会社を継ぐことを決める事になった。

葬儀

事業継承_startup

大阪に戻り父の会社に入り、社長の息子として、次期社長になるプレッシャーはあったものの、スタッフさんと一緒に現場に出て働いている間は楽しかったが、経営者に成るべく外部の勉強会や取引先との会合に出るたびに、周りからは、遊びに行っていると思われ、周りの理解を得られることが出来なくて、苦しかった。苦しさから会社を辞めたいと思った時は、石川にある祖母の墓に足を運び、祖母に語るように自分を奮い立たせる日々を送ってきたが、自分のやれることを一生懸命取り組む事で、役職と共に理解を得られるようになってきた矢先に・・・

改革期_innovation

以前から、父親が70歳で引退を決めていたので2020年11月に事業継承をしたが、この時は、コロナウィルスの真っ只中、これ以上は悪くなることはないと思い、良い意味で開き直ることは出来たが、コロナ中で業績が上がる見通しが出来ない中、多少の業績は上げる事ができたが、それでも厳しい状況は変わりなく、それでも会社を守るべく、父でもある会長に進言し、自社の生命線でもあるパートさんのシフト整理に手を加える決断をした。シフトを整理することで会社から去っていくパートさんもいたが、「会社を守るために」と自分に言い聞かせたが、正しい決断だったか悩む日々が続いた。悩む中で、一社依存で、仕事が当日の昼間に決まる、仕事量が不規則だから、安心して働くことができないから辞めていくパートさんがいる中で、いつしかパートさんの生活を守りたいと思うようになってきた。

デスクワーク

コロナが明けても、一社依存で、仕事の流れは変わることなく、周囲の経営者仲間からは、一社依存が問題だと言われてきたが、経営視点から考えるのではなく、パートさん視点から考えた時に一社依存が悪いのではなく、昼間に仕事が決まり、出勤が不規則な事が課題だと視点を変える事で、自分達で、仕事量をコントロール出来るなる必要があることに気づき、自社は、お客様に何を提供しているのか?全て任せても出来る「安心感」を提供してきた。では、会社は働く人に「働く安心感」を提供できているのか?

自社は「安心感」をキーワードに、取引先に安心感をもって仕事の依頼をしていただきながらも、仕事がコントロール事業を作ろうと思いたった。一度は料理人を道からは外れたが、違う形で食に立つ触ろうと、折角やるなら、安心して口に入れる事が出来る無農薬野菜で味と健康で安心して口に入れる食材をつくる事業を立ち上げたのです。水耕栽培事業

************************
松一 「中小企業経営者のスタイリスト」
担当 松本 晋一
〒587-0012 大阪府堺市美原区多治井157-57
お問い合わせ  https://matsuichi.jp/contactform/

一覧に戻る